スポーツ

山下千世(ソフトボール)の年齢や身長などのwiki風プロフ!中学校や高校はどこ?

山下千世(ソフトボール)の年齢や身長などのwiki風プロフ!中学校や高校はどこ?(画像出典:https://twitter.com/)

 

山下千世(やましたちせ)さんはソフトボールの日本代表である女子GEM3(U18)に選出されているスーパー高校生です。

 

今回はそんな山下千世さんの年齢や身長などのwiki風プロフィールや、中学校や高校についてご紹介します。

 

山下千世の年齢や身長などのwiki風プロフィール!

(画像出典:http://www.softball.or.jp/)

 

まずは山下千世さんのwiki風プロフィールをご紹介します。

 

名前山下 千世(やました ちせ)
生年月日2002年6月20日
年齢18歳(2020年10月現在)
身長164cm
血液型O型
出身地静岡県
ポジション投手/左投げ左打ち

 

山下千世さんは女子GEM3(U18)に選ばれている日本ソフトボール界の未来を担う現役女子高生です。

 

日本代表としては2016にGEM1(U14)、2017年にカナダカップ、2018年にはアジア女子Jr・カナダカップ、2019年には第13回女子U19ワールドカップに選出されています。

 

14歳くらいのころからずっと日本代表に選ばれ続けているというのはすごいですよね!

 

常に高レベルで安定した成績を残しているからこそ毎年選出されているのでしょうね!

 

ソフトボールは小学1年生の時にお兄さんに影響されて始めたようです。

 

しかも6年生のときには全国大会にも出場しています。

才能と凄まじい努力を積んだからこそこんな結果を残せたのでしょう。

 

山下千世さんは運動神経抜群でしょうし、もしお兄さんが別のスポーツをやっていたら山下千世さんはそのスポーツで日本代表になっていそうですよね!

 

そんな山下千世さんは現在18歳です。

 

高校3年生ということになりますし、高校生ラストの大会は気合が入っていることでしょう。

 

第14回女子U18ワールドカップは開催予定となっているのでそこで有終の美を飾ってほしいですね!

 

身長は164cmと一般的な女性の身長よりも高いです。

アスリート向きの体格と言えますね!

 

山下千世さんの魅力は左腕から放たれる最速105km/hのボールです。

 

これはプロ野球で例えると147km/hの速さになります。

めっちゃ早いですよね!

 

これなど並の高校生では歯がたたないような気もします^^;

「バットに当てるのがやっと…」という感じだと思います。

 

しかもまだ高校生ですから今後はさらに球速が上る可能性も高いです。

 

いつかは上野由岐子さんの121km/hを超えそうですし、私個人としても大きく期待してしまいます!

山下千世の中学校はどこ?

疑問

中学生の頃から日本代表に選ばれていた山下千世さんですが、中学校はどこなのでしょうか。

 

調べてみたところ、静岡県の城南静岡中学校であることが分かりました。

 

山下千世さんが通うくらいですし、ソフトボールの強豪校なのかなと思っていましたが、

 

部活ではなくF・Sトップファイヤーズというクラブチームに所属していました。

 

F・Sトップファイヤーズは学校にソフトボール部がないけれど、ソフトボールをやりたいという気持ちをもった女子中学生のためのクラブチームです。

 

野球もそうですが、ソフトボールは人を集めるのが大変ですし学校の部活動としてやるのは年々難しくなっているのでしょうね。

 

山下千世さんの学校もソフトボール部がなかったのでしょう。

 

しかし山下千世さんの実力は凄まじく、1年生の頃から県選抜に選ばれていたそうです。

 

3年生の頃には全国大会で3位まで上り詰めています。

 

これほどの実績があれば日本代表に選ばれるのもうなずけます。

山下千世の高校はどこ?

山下千世(ソフトボール)の年齢や身長などのwiki風プロフ!中学校や高校はどこ?(画像出典:https://twitter.com/)

 

山下千世さんは中学校卒業後、静岡県の浜松市立高校に進学しています。

 

浜松市立高校はソフトボールを始めとしたスポーツの強豪校です。

 

山下千世さんはソフトボールの強豪校に進学したかったようなので、納得のいく決断だったと思います。

 

学校側としてもこんな大物が進学希望であれば喜んで受け入れてくれそうですよね!

 

また女性の監督であるというのもポイントだったようです。

 

女性のほうが身体の使い方やメンタルについてもより近い目線で教えてもらえそうですもんね。

 

高校では県大会優勝、そして全国大会にも出場とチームを牽引した活躍を見せています。

 

今年はコロナの影響もあり、大会は行われていないようですが、もし通常通り行われていれば全国大会でも優勝に導けたことでしょう。

 

今後は日本代表や実業団での活躍になりますが、ソフトボール界をより一層もりあげてほしいですね!