MENU
芸能

トミカのまるごとブロッコリーはどこで購入できる?値段(価格)はいくら?

ブロッコリートミカといえば様々な車やバイクのミニカーがあるタカラトミーの看板商品です。子供だけでなく車が好きな大人でも持っている人が多いと思います。

 

そんなトミカで衝撃的なミニカーが出ているという噂を聞きました。その名も「まるごとブロッコリー」というトミカだそうです。

 

もはや車でもなんでもないですよね^^;

これは一体どんなものなのでしょうか。

 

また購入できる場所や価格はどうなっているのでしょうか。

気になったので調べてみました!

 

そもそもまるごとブロッコリーとは?

平野レミ

本題に入る前に、このトミカのモチーフとなったまるごとブロッコリーとは一体何なのでしょうか。

 

調べてみると、どうやらNHKの『朝イチ』という番組の『解決!ゴハン!』という料理コーナーで平野レミさんが作った料理のことのようです。

 

平野レミさんといえば数々のテレビにも出演されていますし料理の腕は誰もが認めるところでしょう。

 

そんな平野レミさんが料理を作った番組の中で放送事故とまで言われたのが、このまるごとブロッコリーを作った回でした。

 

この料理は、ブロッコリーを沸騰させた塩水に入れて塩ゆでし、それにたらこソースをかけるだけという何のひねりもない料理だったため当時のネットでも話題になっていたほどです。

 

おいしい料理やそのレシピを伝える番組コーナーでこんなシンプルすぎるものを紹介されたら誰もが衝撃を受けますよね^^;

 

こんなレシピでオッケーを出したテレビ局の判断もすごいと思っちゃいました笑

 

ちなみにその時の完成品の画像がこちらです。

まるごとブロッコリー

(画像出典:https://ch.togetter.com)

 

実際見てみると「これで料理と言えるのか…」と思うほどの料理ですよね^^;

 

これを作った当時の平野レミさんはきっと疲れていたのでしょう。そうじゃないとこんなことしないと思います。そう思いたいです笑

 

トミカのまるごとブロッコリーとは?

まるごとブロッコリー

(画像出典:https://autoc-one.jp)

 

こんな衝撃的な料理に目をつけたのがタカラトミーでした。

なんとこのまるごとブロッコリーをトミカにしようと考えついたのです!上の画像がそれです!

 

これをトミカにするとなるともう何でもありに思えてしまいますよね笑

 

とにかく車輪をつけちゃえばトミカになりそうですもん笑

しかしながらインパクトは並々ならぬものがありますしついつい欲しくなっちゃいます!

 

トミカのまるごとブロッコリーはどこで購入できる?価格(値段)はいくら?

原因 疑問

そんなトミカのまるごとブロッコリーはどこで購入できるのでしょうか。またどれぐらいの価格(値段)なのかも気になりますよね(p_-)

 

調べてみたところ、衝撃の事実が明らかになりました…。

なんとこのまるごとブロッコリーというトミカはこの世に存在しなかったのです(-_-;)

 

「ええー?じゃあさっきの画像はなんなの?」と思う方もいるでしょう。私もそう思いましたし^^;

 

どうやらこれはトミカが用意したエイプリルフールのネタだったようです。

 

タカラトミーは公式ツイッターにおいて、『【放送事故レシピ】世間をにぎわせた、あの「まるごとブロッコリー」がついにトミカで登場!』とつぶやいた。

<中略>

なお、タカラトミーは『ブロッコリーは倒れやすい仕様になっているので、ご注意ください』と呼びかけている。

これはエイプリルフールのネタです。

(出典:https://autoc-one.jp)

 

最後の一文が結論を言っていますね。悲しいですがこれが真実なのです。

 

そのため購入できる場所もなければ価格もありません。

 

とはいえめちゃくちゃインパクトがありますし、「商品化してくれてもいいんじゃないか」とも思いますがトミカとしてのプライドが許さないのかもしれませんね。

 

車やバイクなどの乗り物を商品化してきた中で料理を無理やりトミカにするというのは反感を買いそうでもありますから^^;

 

きっとたくさん考えた上で、ネタに留めるという判断を下したのだと思います!

まとめ

ここまでトミカのまるごとブロッコリーについて調べてきました。

 

・まるごとブロッコリーとは平野レミさんの創作(?)料理

 

・まるごとブロッコリーをトミカにしたというのはタカラトミーのエイプリルフールネタだった

 

・そのため販売はされていない

 

ということが分かりましたね。

 

商品になっていないのは残念ですがトミカのコンセプトから逸脱してしまう可能性もありますから仕方のないことだと思います。

 

いつの日か本当に商品化してくれると嬉しいですね!