芸能

高岩成二がスーツアクターを縄田雄哉に交代した理由は?

高岩成二 縄田雄哉

仮面ライダーの主演のスーツアクターでおなじみの高岩成二さんが、そのスーツアクターを縄田雄哉さんにバトンタッチすることが明らかになりました。

 

平成の仮面ライダーシリーズのほとんどで主役のライダーのスーツアクターを務めてきただけにここでバトンタッチするのは感慨深いものがありますね。

 

それにしてもどういった理由で高岩成二さんはスーツアクターをバトンタッチすることにしたのでしょうか。

 

気になったので調べてみました!

 

仮面ライダーの主役のスーツアクターが高岩成二から縄田裕也へバトンタッチ

高岩成二 縄田雄哉

まずはこの衝撃的なニュースの概要を紹介します。

 

特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」より、主演を務めるスーツアクターが、高岩成二から縄田雄哉へバトンタッチすることがわかった。

 

平成仮面ライダーシリーズ全20作品中、18作で1号ライダーを演じてきた、現在50歳の高岩。そして現在36歳の縄田は「仮面ライダーエグゼイド」で仮面ライダーゲンム役を務め、現在放送中の「仮面ライダージオウ」では2号ライダーの仮面ライダーゲイツとして、高岩演じる仮面ライダージオウとともに戦ってきた。今回令和初の仮面ライダー作品「仮面ライダーゼロワン」にて、1号ライダーである仮面ライダーゼロワンを、縄田が演じることが発表に。同作品へは高岩も参加する。

(出典:https://natalie.mu)

 

高岩成二さんは平成仮面ライダーの18作品で1号ライダーを演じてきたわけですが、冷静に考えるとめちゃくちゃすごいことですよね。

 

もはやレジェンドと言っても過言じゃないでしょう。

 

きっとそれだけ高岩成二さんに対する制作陣の信頼というのは絶対的なものだったのでしょう。

 

信頼がなければすぐに別の人がスーツアクターをやっているはずですからね。

 

高岩成二さんがバトンを受け取ることになった縄田雄哉さんにとってはプレッシャーがヤバいかもしれませんね^^;

 

しかし高岩成二さんのように令和を代表する1号ライダーのスーツアクターになってもらいたいです!

高岩成二がスーツアクターを縄田雄哉に交代した理由は?

高岩成二

それにしても高岩成二さんが1号ライダーのスーツアクターをバトンタッチする理由はなんだったのでしょうか。

 

調べてみると高岩成二さんはスーツアクターのバトンタッチにあたり、こんな発言をしていました。

 

自分の中では本当にすっきりしていて、やりきった感が強いですね。本当に20年は長い、イチローは引退するわ、気が付けば自分も50歳という節目ですし(笑)。いろいろな節目が来る中で、ひとつの区切りとして令和ライダーにバトンタッチできるのはすごくうれしいですね。

(出典:https://natalie.mu)

 

令和に切り替わるというのはいい区切りでもありますし、高岩成二さん的にも交代するならベストタイミングだと思ったのかもしれませんね。

 

また50歳で1号ライダーのスーツアクターをやるのは体力的にキツくなってきた可能性もあります。

 

主演のスーツアクターですからハードな動きはたくさんありそうですしダイナミックな表現をするだけでも体力をかなり持っていかれそうですよね^^;

 

私だったら50歳になるまで続けることは体力的に不可能だと思います。というか30代でもきつそうです(-_-;)

 

無茶をして体を壊したら元も子もないですし、万が一のことが起きる前にこのタイミングで第一線から身を引きたかったのかもしれません。

 

とはいっても令和初の仮面ライダーである『仮面ライダーゼロワン』の制作には関わっているようなので、どこかで高岩成二さんらしさを感じるシーンが出てくるかもしれませんね!

 

まとめ

ここまで高岩成二がスーツアクターを縄田雄哉に交代した理由について調べてきました。

 

・高岩成二さんとしては1号ライダーのスーツアクターをやりきった感が強かった。

 

・体力的にもきつい可能性があった。

 

・今後も『ゼロワン』の制作には関わる

ということが分かりましたね。

 

1号ライダーのスーツアクターをバトンタッチするということで引退してしまうのかなと思いましたが、それはなさそうなので安心しました(^^)

 

これからも高岩成二さんにh仮面ライダー界を引っ張っていってほしいですね!